2009年8月26日

その5

Filed under: Britania日誌 — Ballade@店主 @ 11:59 PM

元G*Kな奴、誰か生き残っていませんか?(大笑
ほむら、かでな、じゃっく、けいん、たか、あるぽん、よっしー、
そこら辺には連絡が付きますが・・・
(続き)
そりゃあもう地獄の訓練な日々。
ひたすら模擬。
あやしくなったらタゲ取り練習。
そして他ギルドとの模擬。
名目上はギルマスなんだが、すでに対外折衝にしか役に立ってない。
ある日、たまたま夕方に本隊に単機合流。
本隊はまだ10人くらいだったが、運悪く指揮者が戦死。
・・・俺に指揮しろってご指名ですか。
確かにギルドやってるけどさー。模擬もしてるけどさー。
まだまだヘタレですよ?
周囲にも押されて初本隊指揮。
戦死して指名した指揮官誰だったっけなー。
世話になったけど覚えてないなぁ。
俺の初指揮はブリ南厩舎にゲートイン。
橋でライン。
1銀まで行軍したところでSL本隊とぶち当たる。
俺死亡。
およそ3分ほどの出来事。
これは忘れられないなぁ。
模擬や練習がない日は何人かで本隊に居たG*K。
これより先、頻繁に本隊を指揮するようになるとは思わなんだ。
人数が居るときはギルド活動。
居ないときは本隊指揮。
それがデフォになってさらにギルド人数倍増。
TBのCLはほぼ独占とは言わないが、いつでも。
俺の得意戦法は凶悪数ゴリ。ヘタな鉄砲も数打ちゃ即死。
どんどん増えるTB本隊。
比例して増えるギルドG*K。
ギルドとしての腕は自分ではワカラナイ。
でも今思えば結構イイとこまで行ってたのかもしれない。
ウチに研修に来てギルドを強化して、他派閥に旅立つなんて奴らも。
もっと単機をとか言って離脱とかね。
来るもの拒まず去るもの追わず。
なんだかんだ言っても面白ければOK。
他派閥から(戦場以外で)袋叩きにされつつも、結構楽しい日々。
ついに帽子屋黒猫の鬼教官コンビが最終兵器をギルドに召還。
「Mervi」
知ってる人は知っている、あのメルビさん。
戦争屋の聖典How to war?wの作者。F/wのメルビさん。
出雲でマトモなギルドが出来たら、
1度指揮して貰うという約束だったんだそーだ。
Merviさんに指揮された数時間は至福の時というか、
目から鱗がボロボロと何枚も剥がれ落ちる。
戦況把握の凄さ、命令の的確さ、そして抜群の安定感。
いやーいい経験させて貰ったわー。
この頃がTB本隊絶頂期。ギルドとしても絶頂期。
しかし思わぬ落とし穴。
後継指揮者が現れない。
他派閥はもっとキツかったであろうことは想像に難くない。
TB本隊内の指揮経験者は10人くらいだったろーか。
その誰かがIRCに居れば指揮。
転んでスキルロス中、他が居なければ20分待っている参加者達。
もう寝たい。他の事がやりたい。
でも無言のIRCが重く圧し掛かる。
ホントこれ今思い出してもキツイ。
指揮自体は難しいもんじゃ無かった。誰でも出来たと断言できる。
多少タイミングが悪くても、運で済んだ。
そもそも、この作戦は間違いだろ!
なんて言う人も、言える資格がある人も居なかったが・・・。
IRC在籍100名を誇ったTBでこの始末。
本隊指揮者が数えるほどだった他は面子が居なくなるよなぁ。
プレッシャーに負け、だんだん本隊から距離を置き始める。
指揮者が居ない日なんてのも出来始める。
だんだん参加者が減る。
強制的に次世代にバトンを渡したツモリだったが、
結局は放り投げただけ。
衰退する派閥戦。
何度か復興の試みもあったようだが、
俺自身は参加すること無く終わる。
元G*KのJackとKeinは頑張ってたけどね。
とんでもなく大幅に省略したけど長文失礼。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

HTML convert time: 0.276 sec.
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are
trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in t he U.S. and/or other countries. All rights reserved.